【iPhone】メモのデータをバックアップする4つの方法

メモアプリのアイコン

iPhone標準の「メモ」アプリは、メモしたい内容をすぐ入力・保存できる、シンプルかつ便利なアプリです。

メモした内容は、かんたんにバックアップできるので、もし誤削除してもすぐ復元できます。機種変更のデータ移行時も安心です。

この記事では、「メモ」アプリのデータをバックアップする方法を紹介します。

メモのデータをiCloudにバックアップ

iCloudは、Apple社が提供するクラウドサービスです。iCloudを経由してiPhoneに保存しているデータをパソコンと同期し、インターネット上にバックアップできます。

iCloudバックアップをオンにする設定方法

自動でiCloudにバックアップする設定をします。

1「設定」アプリを開き、「ユーザー名」 → 「iCloud」の順にタップします。

ユーザ名からiCloudを選択

2「iCloudバックアップ」 → 「iCoudバックアップ」のスイッチをオンにします。

iCloudバックアップを開始のスイッチオン

3「iCloudバックアップを開始」のポップアップが表示されるので「OK」をタップします。

iCloudバックアップを開始の確認をOK

次の条件を満たすと、自動バックアップが行われるようになります。

  • 電源に接続されている
  • スリープモードになっている
  • Wi-Fiに接続されている

手動でiCloudにバックアップを作成する方法

自動の場合は、上記3つの条件を満たしていなければバックアップできません。そこで、手動でiCloudにバックアップを作成する方法を紹介します。

1iCloudの「バックアップ」画面で、「今すぐバックアップを作成」をタップします。Wi-Fiに接続した状態で行ないます。

今すぐバックアップを作成

2バックアップが作成されます。作成完了すると、前回のバックアップ日時が表示されます。

前回のバックアップ日時

メモのデータをiTunesにバックアップ

iTunesでは、iPhoneとパソコンを連携できます。パソコンの空き容量分、保存ができます。

1iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続 → iTunesが起動したら、iPhoneのアイコンをクリックします。

iPhoneのアイコン

2左メニューの「概要」をクリック → バックアップの項目で「このコンピュータ」にチェック →「今すぐバックアップ」をクリックで完了です。

今すぐバックアップ

Memo

「iPhoneのバックアップを暗号化」をオンにすると、バックアップデータを暗号化できます。

3バックアップが完了すると、「最新のバックアップ」に、バックアップ日時が表示されます。

最新のバックアップ

メモのデータをクラウドストレージにバックアップ

Evernote(エバーノート)やDropboxなどのクラウドストレージにメモのデータをバックアップします。

ここでは、Evernote(エバーノート)にバックアップする方法を紹介します。持っていない方は、App Storeからインストールしてください。

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

1バックアップしたいメモを開き、右上の「共有」アイコンをタップします。

共有アイコンをタップ

2Evernoteを選択、タイトルを入力し「保存」をタップすると、バックアップできます。

Evernoteに保存

メモのデータをGmailにバックアップ

iPhoneとGmailを連携している方は、Gmailにメモをバックアップできます。

1「設定」アプリを開き、「アカウントとパスワード」 → 「Gmail」の順にタップします。

Gmailを選択

2「メモ」をオンにします。

メモをオン

3「メモ」アプリを起動すると「GMAIL」「IPHONE」フォルダに分かれているので、「GMAIL」を選択し、メモを入力します。

Gmailにバックアップをとりたいメモを表示

4Gmailを開くと、「Notes」というラベルにメモが同期されているのが確認できます。

Notesにメモをバックアップ

まとめ

iPhoneの「メモ」アプリのデータをバックアップする方法を紹介しました。

仕事やプライベートで、アイデアやちょっとしたことをテキストなどで残しておくために、iPhoneのメモは役立ちます。

メモのデータをしっかりバックアップしておき、万が一消してしまったときや、機種変更・交換時にあわてないようにしましょう。

シェアする