メールの署名「iPhoneから送信」を消す方法

メールの一覧

iPhone標準のメールアプリには、「iPhoneから送信」という署名がデフォルトで設定されています。

気にしない人もいますが、快く思わない方もいます。そのため、メールを作成するたびに手動で削除している方もいるようです。

この記事では、毎回手動で削除する手間をなくすために署名「iPhoneから送信」を消す方法を紹介します。

メールの署名「iPhoneから送信」を消す方法

デフォルトで設定されている署名「iPhoneから送信」を消す方法を紹介します。

1. 「設定」アプリを起動、「メール」 → 「署名」の順にタップします。

2. 「iPhoneから送信」を削除すると、メールに記載されなくなります。

署名の削除は「すべてのアカウント」 または 「アカウントごと」から選ぶことができます。iPhoneに複数のメールアカウントを連携させている場合は、アカウントごとに署名の設定変更が可能です。

これで、メールを作成しても「iPhoneから送信」が表示されなくなりました。

「iPhoneから送信」の意味は?

受け取る相手によっては、「何のアピール?」と不快にとらえてしまう「iPhoneからの送信」という署名。

モバイルマーケティング研究所がおこなったアンケートでは、

64%の人は気にしていませんが、30%の人が「うざいと思う」と回答しています。

いったいどのような意味を待たせてApple社はデフォルトで設定しているのでしょうか。

ビジネス面におけるメリットを考えると、「外出先から取り急ぎ返信しました」というニュアンスを相手に伝えることができます。

日本人は一文から多くの意味を受け取る方が多いので、プラスに働くこともあるようです。

まとめ

「iPhoneから送信」を消す方法を紹介しましたが、メールに複数のアカウントを登録している場合は、署名を変更して活用する方法もあります。

メールの利用状況で個人にあった署名の設定をしてみてください。

シェアする