iPhoneのクッキー・履歴を削除する方法

iPhoneXを手に持つ男性

iPhoneなどスマホやパソコンのブラウザでサイトを閲覧すると、クッキーやキャッシュという一時的なデータが蓄積され、増えすぎると動作が重くなることがあります。

なので、動きが遅いと感じたときはこれらのデータを削除すると解消されるケースが多いです。その操作方法を分かりやすく解説していきます。

すべてのクッキーを削除する手順

まず、Safariのクッキーと履歴、キャッシュなどのデータをまとめて一括消去する方法が以下です。

1. 「設定」アプリを開き、「Safari」 → 「履歴とWebサイトデータを消去」の順にタップします。

履歴とWebサイトデータを消去

2. 「履歴とデータを消去」とポップアップが表示されるので、これをタップすると完了です。

履歴とデータを消去

サイトのデータを個別に削除する手順

つづいて、特定のサイトデータだけを個別に選択して削除したい場合の手順を解説します。

1. 「設定」アプリを開き、「Safari」 → 「詳細」の順にタップします。

Safariの詳細

2. 「Webサイトデータ」をタップすると、閲覧したことのあるサイトデータが一覧で表示されます。

Webサイトデータ

3. 右上の「編集」を押して不要なサイトデータを選択して消すか、不要なものを左にスワイプすると「削除」が表示されるので、それをタップで消えます。

Webサイトデータの削除

クッキーを削除するとどうなる?

クッキーにはサイトの訪問回数やアクセス日時、また自動ログインなどの情報が保存されます。そのため、削除すると会員制サービスの再ログインなどが必要になるでしょう。

ちなみに、ブラウザのシークレット(プライベート)モードを利用して閲覧したサイトなどの情報はクッキーに保存されません。

まとめ

クッキーは年中削除しておくという必要はありませんが、かなり蓄積されているときに消すと、ブラウザアプリなどの動きがスムーズになると思われます。

動作が重くなってしまったときは、まずこのクッキーやキャッシュの削除をおこない、さらにiPhone自体の再起動など試してみてはいかがでしょうか。

シェアする