【iPhone】YouTubeの動画をダウンロードする方法

YouTubeアプリのアイコン

YouTubeに投稿された動画をダウンロードすると、インターネットに接続せずに視聴できるため、毎回データ通信量を気にする必要もなく、気軽に観られます。

しかし、iPhoneでYouTube動画を保存するには、動画をダウンロードできる専用アプリが必要です。そのアプリや保存方法を解説していきます。

YouTube動画を保存できるおすすめアプリ

まず、YouTubeの動画を保存できるアプリをインストールする必要があります。操作がカンタンで使いやすいものを以下で紹介します。

Clipbox

Clipboxの操作画面

日本語対応しており、利用者もかなり多いファイルダウンロード・管理アプリ。さまざまな種類のファイルをダウンロードでき、フォルダ分けして管理もできるので、バックアップにも便利です。

おもな機能・特徴

  • PDF、テキスト、動画、音楽ファイルをダウンロードできる
  • 音楽をバックグラウンド再生できる
  • 音楽再生はシャッフル、リピートなども可能
  • プレイリストを作成できる
  • データにパスコードロックをかけられる

詳細情報

iOS 8.0 以降 iPhone/iPad/iPod touch対応

Clipbox

Clipbox

KGC無料posted withアプリーチ

iSafePlay

iSafePlay

動画などのファイルを保存し、さらにパスワードでロックをかけられるアプリです。保存したデータを誰かに見られたくない場合、このアプリに隠しておくこともできます。

おもな機能・特徴

  • パスワードロックとフェイクパスを利用できる
  • 20以上の言語に対応
  • 写真、ビデオ、ファイルでカテゴリー分けできる
  • プライベートブラウザの機能あり

詳細情報

  • iOS 9.1 以降 iPhone/iPad/iPod touch対応
iSafePlay

iSafePlay

Fanship無料posted withアプリーチ

iPhoneにYouTube動画をダウンロードする方法

ここでは、上記で紹介した「Clipbox」を使ってダウンロードする方法を紹介します。

1Clipboxを起動、「クリップ」 → 「ブラウザ」の順にタップします。

クリップとブラウザ

2アドレスバーに保存したい動画のURLを貼り付け検索します。保存したいページが開いたら、下部の「+」をタップします。

URL貼り付け

3「Are you ok?」 → 「Really?」の順にタップします。

Are you ok_Really

4ファイル名を入力し、「OK」をタップすると、ファイルが保存されます。(これでClipboxのマイコレクションに追加完了)

ファイル名入力

5Clipboxのトップページに戻り、「マイコレクション」 → 右上「Actions」の順にタップします。

マイコレクション

6保存したい動画にチェックを入れ、下部のアイテムを左スワイプし「カメラロール」をタップします。

カメラロールに保存

まとめ

iPhoneではYouTubeなど動画サイトから、直接動画をダウンロードできません。しかし、ご紹介したアプリは意外と操作がカンタン、ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

アプリに動画を保存しておけば、iPhoneの容量や通信制限など関係なく、いつでも好きな動画を楽しめます。またバックアップにも使えるので、入れておくと便利かもしれません。

シェアする